UPCOMING EXHIBITION

'UNKNOWN' by POLE & TOTEM

会期

2020.08.19(水)~09.06(日)
* 日曜日 / 月曜日 / 火曜日休廊
* 最終日曜日のみ 開廊

開場時間

13:00 – 19:00

会場

http://calmandpunk.com

「不労所得に興味ある?」
ヴェネチア在住の小池を訪れた白鳥の何気ない一言から全ては始まった。

小池作品は、一枚のビンテージ写真を何も足し引きせず、カット&ペーストすることで奇想天外な視覚効果をもたらす。世界中にそのクリエイティブに魅力されるファンが存在し、SNSでも多くのフォロワーが、#singleimageprocessing等のハッシュタグでインスピレーションを発散している。ユニークピースのため点数も限られていた。この供給と需要のアンバランスを解消するためにTシャツを作ることになった。

彼がヨーロッパ各地で集めた5万枚以上のアーカイブの中からランダムに選ばれた、たった一枚のポートレート写真から目・鼻・口のみを抽出した「Unknown」の肖像Tシャツが生まれ、その展開を考えているうちに河野が加わった。

そうしてビジュアルアーティストの小池健輔のプロセスを、視覚ディレクターの河野未彩、メディアアーティストの白鳥啓と共に発展させる
スクロール型プロジェクト「POLE & TOTEM」(ポールアンドトーテム)が、2020年7月にECサイトを活動拠点にスタートした。

ECサイトでは、誰もが手に入れることができるTシャツとして「Unknown」を素材化する。このベースのTシャツに連なる形で、それをリアレンジした1点物の「ユニークピース」や限定数の「スペシャルエディション」が随時アップされ、顔が連続していく。レディーメイドであり、ユニークピースにもなりうる。また、シーズンを問わず物資を無駄にせず展開できるメリットもある。

1つのモチーフを繰り返し使用することは、その可能性を掘りさげる一方で、目的や存在意義なども曖昧にしていくような気がする。これは、オープンソース化されたプロセスのもと、誰もが入手可能な素材で作られたものに、付加価値が存在するのかという問いを浮き彫りにするの
かもしれない。

「これはアートなのか、服なのか」

本展は、ECサイトで発表したアーカイブのほかに、多数の未発表の作品や、モバイル端末を使ったAR作品も公開される。

ちなみに、未知の素材と対峙する興奮や各々のこだわりにより、当初の目的と逆の運命を辿ることになってしまったことは言うまでもない。

https://poleandtotem.com

小池健輔 Kensuke Koike
国立ヴェネチア芸術アカデミー絵画科卒業後、ヴェネチア建築大学ビジュアルアート科修士。
ビジュアルアーティストとしてイタリアを拠点に活動。在学中よりビデオアーティストとして
展覧会、アートフェアに多数出展。徐々にファウンドフォトを媒体とした小さい作品に移行していく。GUCCI、MONCLER、KENZO、New York Timesなどにアート作品を提供。
https://www.kensukekoike.com/
IG: https://www.instagram.com/kensukekoike/

河野未彩 Midori Kawano
多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。視覚ディレクター。音楽や美術に漂う宇宙観に強く惹かれ、グラフィック、映像、プロダクトなどを制作する。CALM & PUNK Galleryでの個展、
ラフォーレミュージアム「PHENOMENON: RGB」展やラフォーレ原宿の広告アートディレク
ション、作品集「GASBOOK 34 MIDORI KAWANO」、WWDのカバーアート、カラフルな影を
作る照明プロダクト「RGB_Light」など、活動は多岐に渡る。
https://www.md-k.net/
IG: https://www.instagram.com/midori_kawano/

白鳥啓 Kei Shiratori
東京工科大学卒業後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーにてアートとテクノロジーを研究、AR技術を用いたアプリケーション「ARART」がドイツZKM アップアートアワードでグランプリを受賞。人とメディアの関係性をテーマに、先端技術を用いて、アート、音楽、映像、アプリケーション、プロダクト開発など幅広い分野で活動している。
https://ma-tilde.com/
IG: https://www.instagram.com/keiswan/