UPCOMING EXHIBITION

Non-syntax Experimental Image Festival

応募期間

2021年4月07日ー6月07日

開催日程

2021年6月25日ー6月27日

Non-syntax Experimental Image Festivalは、映像のオルタナティブな可能性に焦点を当て、多様性のある発展を目指します。

本映像祭は、オンライン上で世界各地から作品を集め、東京のCALM & PUNK GALLERYで開催します。本展は、映像作品の上映と展示のみならず、映像を通して鑑賞者と作家が同じ空間に身を置くこと、鑑賞の場に対するイマジネーションと創造をコンセプトにしています。

わたしたちが暮らす現代社会において「映像」の存在は、もはや日常のベースカラーになりつつあります。パンデミックにより閉鎖した環境が新たな生活様式と言われる中で、観ることは、ますます社会に対してアプローチする手段として普及しました。

一方で、あらゆるメディア ースマートフォン、テレビ、スクリーンなどー の発展は、ただ単なる技術の発展以上に、映像における従来のコンテクストと秩序を常に更新し、私たちの映像に対する認知にも影響を与えつづけているのではないでしょうか。
本展では、ビデオ、実験映画、アニメーション、パフォーマンスアート、音声芸術などといった、さまざまなジャンルの映像作品の可能性をひとつの空間でかたちにします。また、新たなコンテクストへの手がかりとなる映像作品を発表することで、それらを鏡として鑑賞者が自己と向き合い、メディアの境界を見つめる映像祭になればと思います。
そのように多種多様なカテゴリーと定義を混ぜあわせることで生まれる、よりディープなダイアログを紡ぐ試みとなります。

ー 金 秋雨(キン シュウウ) 許 鈞宜(Hsu Chun Yi) 

提出先
以下提出物を calmandpunk@gasbook.net に提出してください。
※ 件名「Non-syntax映像祭応募について」と記載すること

必須提出物
1) 応募者プロフィール
2) 作品ステートメント(日英中いずれか受付可能)

3) テーマにそった作品データ
– タイトル明記必須
– 作品形式は、音声作品、写真、プログラミング、VR、ライブ中継などの形も受付可能とする。
– 複数の作品応募も可能とする。
– 動画共有サイト(YouTube、Vimeo等)やクラウドサービス、ファイル転送サービスを利用した提出
– オンラインのみの提出、USBメモリ等での提出は受付不可

※ ポートフォリオ、展示プランは、任意提出。

結果発表
6月15日までに、入選した方のみ順を追って連絡します。

入選作家作品について
6月25日ー6月27日に、CALM & PUNK GALLERYで上映または展示。
今後、企画内容次第でCALM & PUNK GALLERYでの個展開催も相談可能。

参加費
無し

主催
CALM & PUNK GALLERY
2004-2021 © Gas As Interface Co.,ltd.

問合せ先
calmandpunk@gasbook.net  
担当:ノンシンタックス実験映像祭 事務局

プロフィール

金 秋雨 Qiuyu Jin

1995年中国上海生まれ

東京藝術大学国際芸術創作研究科博士課程在籍中
越後妻有アートトリエンナーレ、東京ビエンナーレなど参加。

「Alter-narratives―ありえたかもしれない物語―」展 コー・キュレーター、

許 鈞宜 Hsu Chun Yi

1992年台灣生まれ
國立臺北藝術大學美術學系博士課程在籍中
Youth Literary Awards (Hong Kong, category of Literature Critique)受賞
Taipei Poetry Festival、Taiwan Annual参加

二人共同キュレーション:
「不在此見(Not in this Image) 」(2020, 關渡美術館 Kuandu Museum of Fine Arts,Taipei)
「遭逢的映像(Encounter with Image」(2020, 靜慮藝術 Jing Lü Art,Taipei)