UPCOMING EXHIBITION

Pathetic Bubble iii - Bats in the caveby Antwan Horfee & Russell Maurice

日程

2019.05.18(土) – 06.08(土)

開廊

12:00 – 19:00
日曜 月曜 休廊

会場

http://calmandpunk.com/visit/

レセプション

2019.05.17(金)
19:00 – 21:00

Pathetic Bubble

熱狂と幻想が渦巻く地下壕で、HorfeeとMauriceの世界が交差する。
Horféeのグラフィティを纏った列車やトラックがパリの線路や大通りを走り抜ける。
彼が創造する人ともマシンともつかぬ異形の生命体がはびこるメトロポリスが、液化したオズの魔女や痘痕面の月たちがさざめく隔絶されたMauriceの孤島と対峙する。
そして村上春樹が書いたように―「混沌が形を変えるのだ」
グラフィティという境界線を突破しようと、Horfeeの超次元空間が研ぎ澄まされる。
彼は描画に注ぐエネルギーや緊張感を持続させながら、ディテールを極限まで削ぎ落とし、エッセンスを凝縮したMauriceのコミック・キャラクターのミニマルさへと近づけてゆく。
両者は、表現手法は異なれど、共にウィンザー・マッケイやポール・グリモーといったアニメーター界の巨匠から多くの影響を受け、そして共鳴しあっている。
彼らの共作によって、明らかにアニメーションという表現の純度が高められた。

MauriceとHorfeeは、従来のアナログ・アニメーション制作における古典的手法のセル画を彼らのレイヤー作品に取り入れている。
Mauriceの作品においては、廃城やうろつくホーボーなど謎めいたモノが文脈から離れ存在し、まるでかつてJames Boadenが語ったところの、「ストーリーという呪縛から解き放たれる」ような結果をもたらしている。
しかしながら、彼らの作品は単に“メタモルフォーゼ(変質作用)”という言葉だけで表せるものではない。
Horfeeがグラフィティの境界線を超え、あらゆる場所でペイントしていくように、Mauriceはコミックの”本”というフォーマットを取り払い、平面でしかなかったキャラクターたちを立体化してこの現実世界に出現させたのだ。
このMauriceの”彫刻化/立体化”するアプローチは、コミックのサブ・アートとしての位置づけを覆すものであり、Horfeeの創造的破壊活動に共鳴するものである。
Pathetic Bubbleにおいて、彼らが何を言わんとしているのか、作品群の裏側に潜む意味をぜひ読み取っていただきたい。

客観的解説

この度、Calm & Punk Gallery にて Antwan HorfeeとRussell Mauriceによる3回目のユニット展を開催します。1回目は2014年にオーストラリアの メルボルン、シドニーの2箇所で開催し、2回目は2017年にHorfeeの故郷であるパリで開催されました。両アーティストは、 ”Comic Abstraction”という新たなムーヴメントにおける主要なアーティストであり、中心となる表現者です。

本展では様々な媒体による作品群が展示されます – Horfeeによる新作アニメーション、Mauriceによるスカルプチャー、テック・コラージュ、絵画。また、両アーティストによる本展限定モデルのレジン・スカルプチャーもリリース。スカルプチャー作品は4種類 各10体限定、個体ごとに微妙にカラーが異なる一点ものとなっています。 40体のレジンスカルプチャーは1列に並べてディスプレイされ、色から色へとうつろう光のグラデーションをみせます。
膨大な製作時間を費やしたHorfeeのアイロニカルな短編アニメーションは、あらゆる形状、サイズの生物がパレードを 繰り広げる、さながら混沌たる百鬼夜行絵巻のようであり、この縦横無尽に闊歩する生物たちで占領される超現実的宇 宙を通して、視る者は自己のインナースペースへと導かれてゆきます。
Mauriceによるパステルカラーで彩られたアポカリプティックな絵画、コラージュ、3D作品には、ヴィンテージ・アニメーションの際立った明快さと、サイケデリックで鬱屈とした難解なイメージとが一貫して混在しています。 *Comic Abstractionという名称は、2007年にMoMAで開催された同名の展示に由来しています。この展示において、ア ーティストはコミックの表現を使って実験を行い、象徴的なポップ・アートという系譜から、コミックを解放することに試み ています。それから4年後、あるヨーロッパのアーティスト集団が、この“Comic Abstraction”を彼らの活動ジャンルの呼 称として使用することにしました。この名称は、彼らのムーブメントを定義する上で、もっともシンプルかつ的確に表現しています。

Russell Maurice / ラッセル・モーリス

1975年イギリス生まれ、現在東京在住。
セントラル・セント・マーチンズ大学院修士課程修了。ロンドンの現代芸術協会入選他、チャップマン兄弟、ピーター・ブレイク、エッド・アトキンス、ターナー賞受賞者ローラ・プロヴォストといった世界各地の名だたるアーティスト達と展示をする。モーリスはMedicom、Porter、Givenchy 、Nikeなど数々のブランドとのコラボレーションも果たし、ガシアス(Gasius)の運営も行う。

Antwan Horfee / アントワン・オルフィー

現在はペインティングを中心にしながらもアニメーションや印刷物の刊行など様々な媒体で作品を制作し、ヨーロッパを中心に各都市で展示を行なっている国際的に注目を集める新進気鋭アーティスト。

ペインティングに於いては、抽象と独自の形状に変化させられた20世紀のアニメーションや日本漫画からの影響も感じされる具象モチーフと、それを構成する絵画的な、大胆な色使いや焦点を前後させるレイヤー構成が特徴的。また、近作で多く見られる「印刷の網点のような」描き方など独自技法の追求もその作品に強い個性を与えている。彼の動作を感じさせる筆跡が印象的な線となり画面になる。

また、タトゥー文化への愛情も深く自身も、各地に熱心なファンを持つ彫り師である。